.徒然2015年 8月記


8月27日

再びの夏の朝ですが 

コルチカム または イヌサフラン

土間の片隅に置いてあった球根に 花芽が付いている

早すぎると 驚いたが そうゆう季節になっているのである

毎年お彼岸に咲く花 昨年の写真 コルチカム

瓦礫に埋もれたままの球根には まだ花芽は見えず

今日はまた蝉が鳴いている この頃スズメバチが増えてきている

ツマグロヒョウモンの幼虫は居るが スミレの葉が既になくなり

何を食しているのか様子が分からない すみれの茎だろうか


topに戻る

表紙に戻る


8月26日

雨の朝

気温とともに体温も下がり楽になってきている 実感

多分 秋海棠も同じかと

みっけも何とかこの夏を過ごしきれそうで 安堵

………………….

仮縫いを始める

毎年恒例の花火大会も終わり 一区切り

ひとつひとつ熟して(こなして) 季節が 一年が 一生に

纏まり無いまま とりあえず

続く


topに戻る

表紙に戻る


8月18日

壮快に一気に読了

最近はマドロッコしい言い回しの文章など 体質に合わなくなっている

この本は 登場人物も少なく 判りやすい良人 これも良い

2000年ミレニアムの熱海の花火も懐かしく思い出した 

いろんなところにドラマがある と

最後のプロポーズの花火のシーンに集約されているように思う

次作も楽しみになる

………………….

昨日は涼しかったので糸巻きを開始したが 本日は暑くて断念 読書する日となった


topに戻る

表紙に戻る


8月16日

早朝の部屋

何の根拠もないが仏壇の向こうに明るい森がある 景色

お盆あけの朝日が気づかせてくれた 景色

父の描いた油絵

………………….

今年は咲きそうな 白色の秋明菊 何年ぶりだろうか

昨年咲いた赤花もつぼみが見えてきた

産卵中のツマグロヒョウモン

葉裏にはまだ小さな幼虫 隣の株には大きな幼虫

………………….


topに戻る

表紙に戻る


8月5日

早朝の部屋

縦糸の数色の順番 糸種の順番 色々考えるが暑さに負ける日々がつづく

朝のうちはまだ動けるが 後一時間もすれば 冬眠ならぬ夏眠状態になる

「つくづくおいしい」と鳴くせみの合唱が始まった とりあえず身回りは

平和である 「平和」の使い方が難しいが、

………………….


topに戻る

表紙に戻る


8月4日

暑いが涼しげな緑

………………….

ツマグロヒョウモンの幼虫たちは

餌のスミレの葉を8割ほど食べた

現在卵のものは他のスミレを食す

毎年思う事は来年はもっとスミレ

を!


topに戻る

表紙に戻る