機織り覚え書き



徒然2018年 4月記

.

4月16日

モッコク染め 中干し 無媒染 モッコクそのものの色

こんな奇麗な色が出るのだから驚く



.

4月16日

更新に間が空きすぎた 思うようにUP出来ずに もう止めようかとも思うが

もう少し続けられそうで 脳を活性化する目的で再開する

……………

明るい色目の着尺を織りたくなった

ピントが合っていない

.

まさに自分の人生そのものかも とも 思えてくるが

時間が掛かりすぎるというか何もしていない時間が多い

しかし 限りある人生 しっかりとしなくてはならない

……………

この懸かっていた着尺もそろそろ織り終わる

次の糸染めは もっこく 鳥の落とし物から始まった


topに戻る

表紙に戻る





徒然2017年 8月記

.

8月27日

我が家の今年の夏の風景

南側の家が取り壊し 塀も取り払った状態

たぶんすぐに大きな建物が出来てしまうだろう

今まで見たことのない景色 庭の植物たちの隅々まで 陽が当たっている風景

.


topに戻る

表紙に戻る




.

8月2日

飛ぶ練習 ゆっくりと羽根を乾かして だんだん小刻みに

サナギが黒くなってきたら羽化の始まりで

羽化して しばらくは空になった殻にぶら下がり

空の殻をよじ登り羽根を動かし始める この時間がいい

.

この草むらの中で奇跡 卵から蝶になり飛び立てるのは数少ない

今年はかなりの幼虫がアシナガバチに食されてしまった 残念

.


topに戻る

表紙に戻る




徒然2017年 7月記

.

7月22日

「さすがにバテました 食欲ありません たしけて〜 む?シャケを焼く匂い〜」みっけ云

.

「いそがねば!」

年齢 この夏の暑さ 歯がない など 食欲の心配数々あれど

シャケを焼く匂いには 敏感に反応した15歳 安堵

.

遅々として仕事捗らず 

年齢 この夏の暑さ 体力なし 思考能力減退

.


topに戻る

表紙に戻る


.

7月20日

「いつも見てくださってありがとう」みっけ云

.

「後ろ姿が得意です」みっけ達云

.

つぎの着尺

少し明るい色目のきものにと思う

サクランボの幹材で染めた色糸とパペリージョで染めたもの

梅雨明けのニュースを聞いた途端に蝉の声を聞く 少々夏バテ


topに戻る

表紙に戻る



徒然2017年 6月記

「今朝の みっけ」



6月22日

湯通し 湯のしを終えて 戻ってきた着尺

縞の幅が少し違うが よく似ている 

「10年前の みっけ」


6月20日

種まきから 40日ほど 「間引き」は苦手である

「蓼藍」

「和綿」

「紫陽花」

アンデス原産 パペリージョ染め 座繰り生糸200中 無媒染の色

パペリージョ

ペルーのアンデス高地にのみ棲息しているムシゴケ(地衣類)の仲間

動物性繊維を茶色(金茶、茶、ベージュなど)に染めるが、しっとりと柔らかく仕上がるのが特徴

植物だけでなく、虫(コチニール)、地衣類まで染色に生かし、色鮮やかな伝統文化があった

.

30年前に購入し大事にしまっておいたもの 色素も美しいまま残っていた


topに戻る

表紙に戻る




6月10日

永いこと空いたページ 再び

機織り道具の「むかで・織り付け布」備忘記録

何十年も変わらず使われている道具

使い始めたのは 2、3年前から

埼玉産繭 「いろどり」糸使用 織り終わり、次の着尺を織り始める準備

縦糸を思案中


topに戻る

表紙に戻る