.徒然2014年 9月記



9月 26日


陽に輝く蜘蛛の巣

何度も払っていたら だんだん 届かないところに

多少の雨風には ビクともしない   竹箒も届かない 安全地帯は 危険地帯



9月 21日

緯糸は ほぼ 決定 少し時間をおく

縦糸の縞割り 色 それに合わせて 緯糸の色合わせに 難航 

この花にも 毒があるらしいが 虫たちはよく集まる 蜜は別ものらしい

思いのほか ピントが 合っている

棉の花 和紙を 染めて作ったような 花びら

不思議だ どんな 綿がとれるだろうか 自然と 大地の営みに敬服
 

シダの葉で最後の脱皮の準備をする幼虫 1日かけてさなぎに変わる 

そして10日ほどで蝶になる

蝶々の観察 この時期は 特に用心して 庭を歩く

すみれの葉を探して歩く幼虫がいる 草取りも もう少し待つ

……………………

機織り機 と 船のロープワークは似ていると 思っているが

困った時の 難航 の字も 同じであった 

今年は 久しぶりに 落水 機も海も 用心用心 肝に命ず


topに戻る

表紙に戻る



9月 10日

雨上がり

未だ 緯糸が 決まらず 庭を撮る




9月 9日

藍生葉染め

未だ 緯糸が 決まらず 藍しぼる


topに戻る

表紙に戻る



9月 7日

みっけ

未だ 緯糸が 決まらず 猫を 撮る


topに戻る

表紙に戻る



9月 4日

コルチカム

玄関先の 植え込みに 白い芽が 出た まさかと思いきや すでに この季節 

初夏に 掘り上げ 紙にくるんでおいた球根 まさかと思いきや 発芽している

時間が 速くなることは無く 追いつかない体内(脳内)時計を 修正

「まさかとおもいきや」


topに戻る

表紙に戻る



9月 3日

ドラム整経

「手仕事の現在」田中優子著 2007年出版

7年前の著書だが 興味深く 拝読 今現在は と 思いを馳せる


topに戻る

表紙に戻る



9月 2日

秋に 新緑 さくらんぼの木

根元から 勢い良く 芽吹いている 来年は 青葉染めでも

朝 7時半の 風景

「おなかすいた」


topに戻る

表紙に戻る



9月 1日

整経をはじめる

1260本 18m 緊張が緩んだ 糸の姿 

チャコールグレー と 消し紫 色は写らないが 光は見える


topに戻る

表紙に戻る