.徒然2013年 9月記



9月 29日


藍の花が咲く

藍の種類はたくさんあることは知っていたが、

桜蓼という藍もあるという。

うちのこれは白花だが、それは桜色らしい。

「一級技能士の和裁の職人」の仕立ての技をまじかに見てきた。

「男仕立て」ということで、さすがに力強い。 が、その手は意外に小ぶり

ピーンと布を引っ張る強さ、布に針を刺す強さ。

仕上がりのしなやかさ。

上州の秋空もすっきりとし、風もさわやかで
気持ちのいい、いい1日だった。

アートな百両

「お構いねぐ」これから使い続けていくだろう。「あまちゃん」はところどころで印象に残る「ことば」「会話」があったが、
最後の週で印象に残ったのはアキの表情だった。ユイに春子と鈴鹿さんとどっちが辛かっただろう?と聞かれたとき。
その前後、アキは言葉を発していない。その時のまなざし、印象に残った。こんなことも「お構いねぐ」かも知れないが。


  

topに戻る

表紙に戻る



9月 28日


秋分 .... 第四十七候 .... 蟄虫培戸....(むしかくれてとをふさぐ)

.......................................................

七十二節季には驚く。今朝ストーブのスイッチを入れた。虫が隠れて戸を閉めるのと同じだ。 風邪引きのため仕方ない、と言い訳をしながら。上着を重ね着し、手袋をし、誠、蓑虫の如く。

機織り虫は縦糸の準備にかかる。もう少し、墨をする。戸を閉めた虫も、ごそごそと動いている。

topに戻る

表紙に戻る



9月 27日


台風が通り過ぎ、やっと絣糸を洗う。

また、風邪で薬を飲む。体力がなくなっている。
気力はまだまだ、と思いたい。

これから、この糸を混ぜて縦糸整経に係る。
また、考え、迷い、立ち止まる時間に突入。

  

topに戻る

表紙に戻る



9月 23日


本当に居た「おんぶばった」

なかなかうまく植え替えができないが、こんな姿をみると手が止まる。

庭は秋の色になってきた。

今年も千両は沢山の実をつけた。
いままでこれが赤くなる前に何故か無くなっている。

今年こそは赤い実を!

色づき始めた 秋 「山葡萄」と「たちばな」

.......................................................

糸染めは絣つくりに奮闘中。
捺染、色付け、ぼかし付け、只今乾燥中

  

topに戻る

表紙に戻る



9月 22日


秋分 .... 第四十六候 .... 雷乃収声....(かみなりすなわちこえをおさむ)

.......................................................


秋の1日


  

topに戻る

表紙に戻る



9月 20日


網戸越しに障子に影 なかなか好し

現の証拠を刈り取り、乾燥中。

「アツツザクラ」「都忘れ」移動植え替え中。

そろそろ最後の「ツマグロヒョウモン」羽化。

  

topに戻る

表紙に戻る



9月 18日


英国留学が決まり、一週間後に旅立つ若き二人

クリスマスロースの鉢植えを預かった。

鉢植えものは苦手。
地植えでもよいということで、さてどこに。

「趣味の園芸」で適している場所を探す。

名は「プチ・ドール」 よこやま・なおき作

「ここがいい」と言っているだろうか

しばらく様子をみてから

「コロチカム」と「現の証拠」

野葡萄


  

topに戻る

表紙に戻る



9月 17日


白露 .... 第四十五候 .... 玄鳥去....(つばめさる)


9月 13日


網戸越しの畳に 木漏れ日

こんな縞のきものも好いと 絹布に受けてみる

「もののあわれ」も死語かと思いつつ

縞模様は刻々と変わる

糸染めは遅々として進まず

  

topに戻る

表紙に戻る



9月 12日


白露 .... 第四十四候 .... 鶺鴒鳴....(せきれいなく)


9月 9日


昨日の大雨にも負けずに咲いたコルチカム

落ち着かない家周りに仮に植えられた球根。よく咲いてくれました。

ご近所はつぼみが出ているでしょうか。
今年は10日ほど早く咲きだしたようです。

がれきの中に潔くまっすぐに

たぶん、これは、小鮒草。染めるには少なすぎ。
藍葉とともに来年に持ち越し。

来年?7年後?希望を持ってもいいのかなという明るいニッポン!?

  

topに戻る

表紙に戻る



9月 7日


白露 .... 第四十三候 .... 草露白....(くさつゆ しろし)

9月第一週が終わる。夏風邪治り、水泳再開。夏太り少し解消。8センチ幅の絣の準備、整経、仮織りまで。次は絣染めの準備。 シルクスクリーンの要領で防染。染料は松煙墨。

異常気象に振り回された夏。気象だけでなく昨今のニュースを見ていると人間関係の異常さも気になってくる。

topに戻る

表紙に戻る



9月 2日


処暑 .... 第四十二候 .... 禾乃登....(こくもの すなわち みのる)


topに戻る

表紙に戻る