.徒然2013年 6月記



6月 26日


夏至 .... 第二十九候 .... 菖蒲華....(あやめ はなさく)



6月 24日


いつの間にか庭に侵入した笹竹。しばらくはハサミで切るだけだった。思い切って根を掘り出す。2、30センチまっすぐ下に、そして3倍くらい太いものが横に這っている。これを伝って今度は横に土を掘り起こす。先に行きついて掘り起こせるもの。樹の根の下に入り込み元に辿り着けないもの。これはお手上げ。文字通り手を上げるしかない。

きっとまた根を伸ばして芽を出す。他の木々、草花に悪影響がなければよい。植物は人の気配を感じている、という。周りの土を掘っていたら警戒するだろう。と思いながら庭木の根の周りの土は丁寧に除けていく。人の話も聞いているのだろうか。土は意外にも柔らかで驚いた。植物を育て花を咲かせ、実をつける土壌。土、地面、大地、地球、この星に生まれてよかった。


topに戻る

表紙に戻る



6月 23日

織り始める。
今年は当たり年だった友人宅の豊後梅が10キロ届く。梅仕事も楽し。家周りの草取りをしながら 梅を日に干す。

赤みが増したところで漬ける準備。手間も楽しい。

先週は紀州の南紅梅5キロ。そしてさいたまの豊後梅10キロ。嬉しく慌ただしく、写真を忘れる。

機織りは 緯糸3色。縦糸は4色。今までよりも色数はかなり少ない。



6月 21日


夏至 .... 第二十八候 .... 乃東枯....(なつかれくさ かるる)



6月 16日


朝飯前に南紅梅5キロ梅干し仕事
朝が一番元気がある
整経、仮筬通し、縦巻き、そうこう通し、筬通し
合間に庭仕事。
機織りの準備終了。あとは緯糸の決定のみ

仕事が早いのか遅いのか分らないが無事に進む。

昼前に友人宅から届いた豊後梅2キロ
もうひと仕事 

こちらは梅酒に

.................................................................
芒種 .... 第二十七候 .... 梅子黄....(うめのみ きばむ)


topに戻る

表紙に戻る



6月 10日


芒種 .... 第二十六候 .... 腐草為蛍....(くされたるくさ ほたるとなる)



6月 5日


芒種 .... 第二十五候 .... 螳螂生....(かまきり しょうず)



6月 1日



雨後のバニーテール

うなだれて毛の先に雨水を丸めている

梅雨入りはしたけれど晴天が続く

数日前の雨の日の様子


染めの風景


副産物有り
この布の使い道もまた楽し

写真撮影難し



topに戻る

表紙に戻る