.徒然2011年12月記



12月 31日


今年もお世話になりました。感謝の気持ちいっぱいです。



12月 28日

いよいよ落ち着かない苦手な時期。なんだかんだと世間があれやこれやと騒がしくなるのに弱い。



12月 24日

寒風吹き荒ぶ中、よくぞ開きました、日本水仙。
沈丁花のつぼみも色付いてきた。色つや良かった落ち葉は、空気乾燥でカサカサになり、歩くとクシュクシュ!という音を立てる。
花壇の中も、風により庭木の根元に寄せられている。 心地良さそうで、
よって、そのままに。決して掃除を怠けているわけではなく。年越しを。

まあ、あれこれと気にはしているが、そのままで、そのままに。よって、機織り中。逆説もそのまま。

topに戻る

表紙に戻る



12月 19日


陽が陰ると空気がとても冷たい日。織り始める。縦糸は座繰り糸で風合いが良く扱いやすい。10%ほど縞に入れたつむぎ糸、これに手が掛かる。
もう少し糊が強いほうが良かったかも知れないが、根気よく手を掛けて織ってゆく。



12月 18日


実に、真に、本当に、静かな日曜日。
縦継ぎも不思議なことに無事終了。緯糸も同じく予定通り。
ひと区切り、空がきれいだ。
そして織りになる。これからしばらくはトントンとっとトントンと。手が掛かる縦糸だが、平常心を心掛けて、来年1月末に織り上がるか、2月になるか、ほぼ15m織りきる。予定で。

topに戻る

表紙に戻る



12月 14日


今年も残り少なく。凶と出るか吉と出るか 初挑戦の縦継ぎ中、思う。
年初めにおみくじを引いた。50円。由緒ある某所。目黒の坂道の途中。八拾八番。大凶。待ち人来ず。病治らず、死す。願事成就せず。等々。
こんなおみくじ初めてだった。さて、年末。病は治らないものあり、年令により。願い事、さて有っただろうか。待ち人、さて、はたして待っていたのかどうか。やたらに買うものではない、と。

しかし、縦継ぎは上手くいかないと成らない。ヨガのポーズのように呼吸を静かに、平常心で集中。自分にとって機織りは、最高の一人遊びと思う。仕事じゃやってられない。首、肩、腰、目、筋肉痛。CMソングが聞こえてきそうだが、筋肉ほぐしは水泳。これも一人遊びで。

topに戻る

表紙に戻る



12月 10日


皆既月食、寒いけれど、寒いからこそ、きれいに見えた。
写真はボケボケだが、記録。

topに戻る

表紙に戻る



12月 9日

糸巻きをしながら思う。この寒い夕暮れが苦手だ。思い返してみると、何十年もこの季節になるとお腹を壊し、風邪が長引き、気持ちも塞ぎがちになる。要するに元気でなくなる。そして、思い出した。母がこの季節、淋しくてしかたない。と、口癖のように呟いていたのだ。そんなこんなで糸巻き中、
「生きていりゃいいさ」「生きてりゃいいさ」という歌が浮かんできた。歌詞を調べると.................

(母さん)が悲しみに 心を鎖した時
思い出してほしい歌がある
(娘)を信じれず眠れない夜にも
きっと忘れないでほしい
生きてりゃいいさ 生きてりゃいいさ
そうさ生きてりゃいいのさ

喜びも悲しみも 立ち止りはしない
めぐり めぐって行くのさ

(母さん)に有難う とても有難う
もう会えないあの人(父さん)に有難う
まだ見ぬ人に有難う
今日まで僕(私)を支えた情熱に有難う
生きてりゃいいさ 生きてりゃいいさ
そうさ生きてりゃいいのさ

喜びも悲しみも立ち止りはしない
めぐりめぐっていくのさ

手のひらを合わせよう ほら温もりが
(母さん)の胸にとどくだろう
............

(母さん)よく生きていてくれる。娘を忘れたっていい。この季節淋しかったこと忘れて、好きな歌、歌っていて。可笑しければ笑って。生きてりゃいいさ〜〜糸巻きにリズムがいい。縦糸巻き終了!



12月 3日


日々、ままごとの延長のような暮らしですが、決して
石巻赤十字病院の100日間この現実を忘れはしません。

被災地の医療スタッフのブログこちらのサイト.JKTS.さんの人柄をどのように表現したら良いのか、間違いなく優しい方です。 決して忘れません、としか、今言えない自分がちょっと情けなく。

topに戻る

表紙に戻る



12月 2日


雨が少し凍っていたような、寒い日。桜の幹材を煮出す。3回目の煮出しで、5時間くらい。まだ色が出てくる。限りなく透明な紅茶色。
草木染めは時間がかかることをあらためて思う。そして、この時間が自分にとっていいことも。



12月1日


今年の冬は寒いらしい。冬籠りに... 福永武彦戦後日記...この一冊と、
...................
と、昨日書いたが、本日とても寒い。
着尺の色のイメージは出来たが、染料を思案中。明るいグレーの地色を何で染めようか、と。

声を潜めるように、怒らずに生きていければ
...................
と、昨日書いたが、意味がわからない。誰か怒っている人の後ろで、そうそう、と頷きながら隠れているのか?とりあえず、一喜一憂せず、平常心で過ごしたい。

topに戻る

表紙に戻る