.徒然2011年5月記



5月 28日


梅雨に入った途端に神経痛。申し訳ないが、ストーブをつける。
そして、背中にカイロ、ショウガ入りの紅茶に、漢方薬。
暖房も、冷房も、必要のない季節の短いこと。昔々は、過ごせたのに、退化したのか、進化か。
それにしても、今年の梅雨は長そうだ。アジサイのつぼみが日に日に大きくなる。 恵みをもたらせる梅雨、それを思う。それを思えば神経痛などなんのその。

機織りも梅雨明けまでにはかなり織り進むはず、である。神経痛なんて、である。

topに戻る

表紙に戻る



5月 25日


明日から雨模様の天気予報。貴重な陽の光を全身に。
小梅の梅干し800g、開始。糸巻きながら、試織しながら、 そして外も気にして。 ユスラウメの実を鳥が見ている。こんな狭い庭なのに、よく気が付くものだ。

topに戻る

表紙に戻る



5月 22日


太陽の力。ゆすらうめの木の最上部から赤くなっている。
気持ちの良い朝日。生き物が動き始める。


5月 21日


今日はスーパーで小梅の実を買入。一口サイズで良いかもと思った為。
その小梅をざるに広げ、陽に当てていた。


ひらひらと蝶の影。もしや、..やはり、.やっと、待ってましたよ!カシャッ。
こんな時は動作が素早い。
花の写真を撮ったり、蝶を探したり、の日々の様ですが、その通りですが。機織りもしています。
縦糸100本足りなかったために倍くらいの手間が掛かりました。そして本数を合わせ、綜絖通し、筬通し済みました。織り付け、緯糸を思案中。ウヒヒです。あまりの乱雑さに写真はほとんど撮らず、余裕が無かったのです。ちょっと落ち着いたら写真を撮りますので。

topに戻る

表紙に戻る



5月 20日


近くにお蚕がいたら食べさせたい、きれいな葉。 ポストに邪魔なので枝を切り詰めた。 とたんに赤みが増してきた。 太陽の力。


5月 19日


もっともっと満開の予定だったが、球根を移す時期が違っていたのか。
しかし、これからしばらくはこの花で楽しめる。

topに戻る

表紙に戻る



5月 13日


雨上がりの庭は気持ち良いが、雨の泥の跳ね返りが、花びらに。
今日の天気予報で気温が30度。一気に庭の様子が変わるだろう。
高枝切りばさみの出番。


5月 11日


「おすすめよ!」の知らせ有り。これも教えた頂いた。で思い出し、出掛けた展覧会 「江戸KIMONOアート」 どれもこれも、素晴らしかった。
「菊花几帳模様小袖」この展示の前でしばらく釘づけ。


5月 9日


時間は正午、方角はほぼ南、高さは平屋の屋根の上、何か良いことが。
「彩雲よ」と、教えてもらわなければ気が付かなかった。

topに戻る

表紙に戻る



5月 7日


ゆすらうめの実がほんのりと色が付いてきている。
雨模様の肌寒い日、夕刻は本降り。例年より寒いような気がするが。


5月 1日


みやこわすれ・すみれ・ヒヤシンスの様な花・さくらそう・
ドウダンツツジ・浦島草の葉・水仙の葉

topに戻る

表紙に戻る