.徒然2011年4月記



4月 29日


縦糸の足りなかった100本の準備、もうひとつの男巻きにこの100本を。 のり付け終了、上手くいきますように。集中力不足の結果なり。要注意


4月 26日


昨日のかみなりの被害。ルーター、給湯器、テレビ、負傷。
ルーターはNTTがすぐに交換、無線等、PCと合わせて設定のやり直し。
給湯器は今朝、東京ガスが点検。基板が損傷、修理出来ず。 ガスパッチョの優しげなお兄さんが、パンフレットを置いて行った。「今日の出張費はいりませんので、」と。テレビは処分。

topに戻る

表紙に戻る



4月 25日


同じ朝は無い、とあらためて思うほど、毎朝何かが違う。
空気が止まってる朝だった。じっとしていた。


4月 24日


蜜を求めて飛んでくる虫が多い「どうだんつつじ」
刺さない蜂と思うが、大きくて、ブンブンと飛ぶ音はすごい。

ここ数日、衣がえ を思って過ごしたが、はじめに大掃除かと。しかし、外が気になる。 よくわからない文章なり。


4月 23日


つぎに咲き出す「みやこわすれ」

我家の庭の住人(草花)としてかなりの年数が経っていると思われる。
今年も咲きます。

topに戻る

表紙に戻る



4月 21日

昨日は沢山の人に会った。機織りをして自分が見えること。人と会って。会話で。笑って見えること。確認。すれ違っただけで見えることも。
着込んできた衣のボタンが少し外せたかもしれない。今日もボタンに手を掛けて衣替えの準備を。。


4月 20日

雨に打たれてまだ、開き切れない桜草。「ちょっとひと休み」が一週間過ぎていた。その間に男巻きに縦糸の準備は終了。糸綜絖を準備中。これがなかなかろくろとつなげるのがひとしごと。上手くいきますように。
今日、明日は大事な切り替えの日々。衣替えのようなもの、とする。


4月 14日

次に咲くのはこの桜草。浦島草も葉を出し始めた。
バイモゆりの球根から今年は沢山の芽が出た。しかし咲いたのは1茎、3花。球根ものを咲かせるには何か策がありそうだ。黄水仙は沢山咲いたのだが。
無い頭を絞り、縦糸は大体決まり、次は巻き付け作業に。上手くいきますように。と祈るのだが、何に祈っているのだろうか、無い頭は、考えてもわからない。そんなことしているとまた間違えそう。ウヒヒが聞こえる。

topに戻る

表紙に戻る



4月 10日


通りすがりの花々に季節を感じ、「もう咲いている」「満開だ」と眺めていた。 あえてお花見ということはなかった。今までは。

今年の桜はすごかった。 これが「満開」という桜を愛でることがことが出来たから 『桜記念日』 に。


4月 9日


漢字で「満天星」「灯台躑躅」と書くらしい。明るいものを表していると。
仮筬通し。本数を間違えていた。1260本のところなんと、1160本。
信じられないが算数が、足し算が、100、間違っていた。

しばし考え中。足し算するか、引き算するか、集中不足。そろそろ力尽きる頃。平常を心がけるなんて言って、やり過ぎていること確か。自分の平常はかなりぼーっとしたものだったのだ。

topに戻る

表紙に戻る



4月 8日


板倉で「姫さくらんぼ」を 取り放題で、食べ放題で鳥のように、食べたのは5年か、7年かくらい前のこと。
その木の脇に。芽を出していた1年目の若木、こちらを頂戴してきた。毎年葉っぱは出るが、未だ花咲かず。さくらんぼが生ったら鳥たちも人間も、猫も大喜び間違いなし。 戸外で生ったものを、その場で食べ放題、なんて、なんて平和な図だったのだろうか。


4月 7日

整経終了。縦糸に2種類、太い糸と細い糸を揃えてみる。この細い糸が見えない見えない。部屋が暗いのか、目が悪いのか、空気の乾燥も。細い糸が空を舞う。捕まえようすると張り付く。そして離れない。手がヤケル。

すみれの花も一斉に咲きだした。これはツマグロヒョウモンの大好きなつぼすみれ。さくらも咲き出したと思ったら一気に満開。みんな待ってました!と言わんばかりに。ゆすらうめは散り始める。実が付いていると良いが今年は小さな虫が飛び始めるのが遅かったらしい。

topに戻る

表紙に戻る



4月 4日


暖かくなったと思うと、寒い寒い。しかし、朝は早くなっている。朝一番で朝日を感じるのは桜のつぼみ。


4月 2日


思いがけない処に水仙が咲いた。そういえば、何年も葉っぱだけが数枚出ていたところ。そうですか、あなたでしたか。


4月 1日

今朝のテレビで被災地の子供のストレス解消について。
受け入れる⇒信じる⇒ねぎらう これで子供はパワーアップできると。
学者さんの話だったが、この話し方に思わず引き込まれ、聞き入った。
こんな人に不安などを話せたらきっと心安らかになるだろう、と思えた。
いつもは聞き流してしまうところ、なんと、メモを取りながら、 しばらくこの矢印をながめ、テレビに映る子供の元気な姿を見ていた。そして思ったこと。この矢印は子供だけでなくみんなに当てはまると。対人だけでなく、自分にも。セルフ・カウンセリング。原発の難しい話はわからないことが多いが、メモ用紙と鉛筆は色んなところに置いてみよう、と、思った。思っただけにならない様にメモを、ここに。

topに戻る

表紙に戻る