.徒然2010年7月記



7月10日


ツマグロヒョウモンを追っかけているが、存在感たっぷりのトンボも住み着いている。


7月9日

産卵にやってきた。待ってましたよ。かなり長い時間だったと思う。疲れるだろうなと思う。蝶の一生でどのくらいの量を産むのだろう。そんなことを考えながらシャッターを押す。場所を選びながらひらひらと飛んでいる姿がなんとも良い。時々、カメラのほうにも。そんな時写せたら良いのだが。

topに戻る

表紙に戻る


7月4日

朝9時前、雌がひらひらと庭に舞い降りた。待ってました!そのあと、雄もひらりと。取りとめのない日(物語)の句読点のようなもの。

夕方、ものすごい、すごすぎる雨。無事でと念を送る。

topに戻る

表紙に戻る



7月3日


昼ごろ、きっと産まれたばかりのツマグロヒョウモンの雄。羽を開いたり、閉じたりしている。良く無事に越冬したと思う。

......早く雌を連れておいで、すみれもまだ沢山あるよ.....念を送る。


topに戻る

表紙に戻る