.徒然2009年10月記



10月30日


今朝のクモの巣は輝いていた。メールは無事に設定を修正。単純な初歩の初の間違い。最近多し。 要注意。
寒くなると体の動きが鈍くなる。手先も、足も。そして頭も。困ったことよ!常夏の処に暮らしたいと思う今日この頃。寒さはこれからなのに。長い冬にそろそろ入る。雪国に住んでいるような話だが。



10月23日


「メールしたよ」と言われて気が付いたメールの不具合。調べたが届いていなかった。確認中。こんなことがあるのですね。きっと1月ほど。

失礼していたらごめんなさい。です。迷惑メールはたくさん届いているのに。です。どうしましょう。

topに戻る

表紙に戻る



10月20日


詩画集 いっぱいごめんいっぱいありがと―認知症の母とともに
昨日「みてごらん」と貸して貰った一冊。

文章を書くのは難しい。仰るとおり、時間がない、出来ないのではなく、自分が作れないだけでして、誰を羨むものではないのです。こんなことを書いている時間はあるのです。

イースト・サイド・ホテル (Photo+) そしてもう一冊、「いい写真だよ、見る?」と、持ってきてくれる友。

そろそろ出かけるか〜と言いたくなる写真集。みんなみんな私を見ていてくれてありがとう。感謝

topに戻る

表紙に戻る



10月16日


秋の空。写真は光を撮る・・と教えてもらった。以前にもこの言葉は聞いたことがある。しかし、なかなか上手く撮れず。

..シネマ食堂..飯島奈美著。料理の写真を眺めながら、カメラのマニュアルを眺め、集中できず。

毎日のように個展、展示会、絵画展、美術展等の案内が届く。今年はどこにも出かけず。気持ちはあるのだが、時間がない。時間は作らないと・・・と云うが、こんな状況で時間のない、出来ないことを知る。落ち着かず、しかし、あきらめず、めげず。

topに戻る

表紙に戻る



10月14日


玄関でさなぎになったアゲハ蝶の幼虫は残念ながら蝶々にはなれず。

いきなり秋になり、落ち葉も吹き溜まりになっているが、そんな中をツマグロヒョウモンの幼虫が歩いている。そんな庭をみていると、もう少しこのままで、と。やたらに箒で掃いてしまえない。


topに戻る

表紙に戻る



10月4日


絹糸を染める。黄色味は一番染めがきれいで、だんだん茶味が出てくる。 昨晩のお月見は 流れのはやい雲の合間に見る。

玄関先で蛹になったアゲハ蝶は蛹の色が緑から茶色に変わりつつある。形が変なのだ。最後の脱皮にちょっと失敗したな、と見ていたが、生きているらしい。予定は10日、無事に飛び立ってほしい。しかし、なんで玄関なのだろうか。周りには草や木があるのに・・

topに戻る

表紙に戻る



10月3日


本日の日の出は確かに晴れだった。糸を染める準備だったが、のちに大雨。小さなストールで色を見る。月の出にはまた晴れるとよいが。



10月2日


今日は雨。昨日に続き煮出し作業。庭の花も濡れているが、咲いている。 確かなことは あと3か月で来年になる こと。

topに戻る

表紙に戻る



10月1日



そろそろ〜・・・・と考えていると届く染め材料。今日は南天の茎
これから鍋にいれ準備・感謝

topに戻る

表紙に戻る