.徒然2007年8月記



8月30日

今日の占い....... 甘い見通しは禁物。石橋をたたいて慎重に。勘違いも多いが決め付けずに様子を見るのが大切。.......了解
秋雨の中、今日もスミレの葉陰に健在。いつまで見られるだろうか・・

みっけはおしりも可愛いのである。(写真)


8月29日

いっきに秋の気配。庭に野紺菊の花が開き始める。昨夜の夕立にもめげず、今朝も葉陰に元気な姿を確認。5センチくらいに成長している。
機織りの方は遅々として進まず。
今日の占い....ケチと批判されない程度に節約を。......了解

読破中
明治35年、米一升23銭、大工の日当1円、もりそば3銭、豆腐1銭

今の私には気分転換にちょうど良い読書。母を見守り中に。

topに戻る

表紙に戻る



8月24日

本日は1匹しか見つからない。
明日の運勢.....行き詰まったら休憩しよう.....いいね。
忘れていた花火、東京湾花火大会、すごかった、屋形船で花火のほとんど真下まで船頭さんに行ってもらった。8年ほど前、みんなで浴衣着て、キスとアナゴの天ぷらが美味しくて、ケーキ入刀ならぬスイカ割り、美味しかった、楽しかった、友人の結婚式、披露宴・・かもちゃん・・思い出しました。

topに戻る

表紙に戻る


8月23日

久しぶりに.明日の占い......押しても駄目なら諦めよう!.....最高な言葉と思える今日は処暑
オーシンツク ツクツクボウシ が鳴き出した。蝉の名を忘れた。もうすぐ、カナカナも鳴きだす。
庭にツマグロヒョウモンの幼虫を2匹発見した。1つは2センチくらいに成長している。きっとあの1匹と思う。天敵は何なんだろう。蟻か、鳥か、母か、どれも怪しい。


8月21日
今年初めて浦賀の花火大会で夏休み。500発、時間は30分、シンプルな花火、良かった!良かった!花火を見て良くなかった・・と思ったことは生まれてこの方無い!。鮮烈に記憶に残っているのは、2000年、新年の午前0時、熱海の海で見た花火、火の粉を浴びながら・・泣けて泣けて・・。それに次ぐ、花火だ。いや、それ以前を忘れたのかも・・確か、引越し前夜、屋根の上に上がってビールを飲みながら、「この花火は決して忘れない」なんて独り言を言った様な・・12年前の夏だ・・色々と思い出してしまう。年のせいか。 みんなでまた来年も見たいと思う。願う。

..ツマグロヒョウモン.....は18日の朝まで確認できた。元気に葉を食べている様子まで撮影できたが・・20日朝には姿が見えなかった。近くのスミレの葉の裏を丹念に探したが行方知れず。。何処まで行ったやら。本日も狭い庭を訪ね歩く。

昨日の朝はとんでもない夢を見た。はっきりと状況を覚えている。ツマグロヒョウモンの群れが飛びまわっている夢。羽の色も、ひらひら感も、群れの動きも覚えている。数は10匹位だろうか・・3群れ、というか3回群れて飛んでいる状況を見た。感激・・・

さて、夏休みも終わった。いつものとおりの生活が始まる。みっけもみんな元気だ。糸を並べる事から始まり始まり・・!

topに戻る

表紙に戻る


8月16日

見守り4日め。小さな幼虫がいた。昨日は姿が無かったので確かに生まれたて。まだ卵の状態でこの鉢にいるかも知れないが、見えない。

暑い。とにかく暑い。庭のスミレの葉が欠けてきているところがある。葉の裏に何か幼虫がいるのではないか、と思う。明朝確認してみたい。
今は暑くて・・ 。糸染めも進行中。こちらも暑くて・・ 。
しかし、あと数日で虫の声が聞えてるだろう、と思う。秋になるのはちょっと淋しいかも知れない。 胸の奥が落ち着かなくなる。

topに戻る

表紙に戻る


8月15日

見守り3日め。無事である。この鉢のスミレの葉の形が変わってきている。よく食べて大きくなってきている。糞も黒く小さい。生きている。


8月14日

今朝確認した時は3匹いたが、夕刻には2匹になっていた。
いつまで見られるか・・


8月13日

先週産卵した鉢にツマグロヒョウモンの幼虫が5mmほどになっているのを見つけた。2日ほど前に見たときはいなかったのに・・
産卵して1週間ほどで幼虫になることがわかった。これからはどんどん成長して蛹になる。まだ蛹を見たことはない。見つけられるところで蛹になってほしいが。無事に成長してほしい。

昨日の昼間、雄と雌が飛んでいるところを見た。2匹で絡まりながら飛んできてアスファルトの道路に降り立った。雌は羽を閉じたままジッとしている。雄は雌に羽を見せるように飛び回りつついて気を引くような素振りをしていた。求愛の姿であったと思う。なんとなんとドラマチックな・・・出来事。カメラを持っていたのだがバッグの中。取り出すことも出来ず、こちらもジッとしていた。

topに戻る

表紙に戻る


8月12日

暑い。毛繕いが上手でいつもきれいなみっけだが、さすがに暑くて時々、三毛の毛が乱れる。皮膚に緊張感が欠けるからか、と思える。
人も緊張感というか注意力が無くなる暑さである。
パソコンもウィ〜ンと唸るときがある。皆この暑さの所為だ。今年は2009年だと思っていた。

topに戻る

表紙に戻る


8月11日

今朝、あまり見かけない蝶々がゆすらうめの葉の上でじっとしていた。そしてふわっと飛んでつばきの葉の上に。しばらくそのままじっとしていた。
最近、蝶々が沢山飛んでいる。ことしの黒アゲハはとても大きく感じる。シジミ蝶も大きい。

蝉も沢山鳴いている。み〜んみ〜ん、ジィ〜ジィ〜、一斉に鳴き出す声を聞いていると、こちらの胸が苦しくなる。

染織の方は、この春頂いた植物液体染料の色を確認しながらサンプルの糸染をしている。液体染料は植物を煮出す時間がなくて夏には適しているかも知れない。

展示会はこの先10年くらい予定はしていなかったのだが、知り合いのデザイナーさんのギャラリーで9月に着物を展示していただけることになった。感謝。見ていただけるのは嬉しい。準備をしながら思い出したこと。前回の2005年1月の展示の際に思ったこと。『きもの1枚で展示会が出来るようになりたい』と。今回、願っていた訳ではなくどのような展示になるのかわからないが、『きもの1枚・・』である。4年前に思ったことが1つ叶う。巡り合わせに感謝。
そして今、また思っていることがある。着物をきれいに着たいのである。これは準備中。お支度中。

topに戻る

表紙に戻る


8月6日

ツマグロヒョウモンが3匹で乱舞・・すごい光景をみた。3匹ともメス。それぞれが飛んだり、葉や地面に止まったり、という時は.......ひらひら.....と。
2匹が絡んで乱舞する時は羽がどう動いているのか、私の目には1匹が真ん丸く、透き通った風船、シャボン玉、のようにみえた。そして、2匹が付かず離れず宙に浮いていた。また見たい。小さなシジミ蝶に威嚇されてちょっと避けて飛んでいた。隣の庭ではオスが飛んでいるのを確認。2世が飛び立つまでに何日くらい懸かるのか・・

topに戻る

表紙に戻る


8月1日

梅雨明けの日、路地に働き者を発見した。小さい!はやい!力持ち!
カメラに収めるのは大変!


最近、はまっている漫画。何とも・・・もっと早い時期に読みたかったと思うが、今読めて良かった。貸していただいて感謝。
ほかに「犬を飼う」「『ぼっちゃんの時代』」明治は遠くなりにけり・・
この夏休み(勝手に)、読書は谷口ジローの漫画に決定!

topに戻る

表紙に戻る