.徒然2007年1月記



1月30日
本日は大安、自分の運勢も上々、きれいな蘭を頂いて、今日この良き日にはこれを。ひなまつりに合せて人形たちを勢ぞろいさせる。1月もそろそろ終わる。そして2月はあっという間に過ぎる。ということですぐに3月、もうすぐ春、ひなまつりである。桜の開花も早いらしい。
機織りは今年2枚目の経糸巻きをしている。どんなにデザインを考えても、今自分の中にある「もの」しか表せないようだ。頭の中で、心の中で考えても、それを表す時の手の動きは、手が考えて動いているように思う時がある。それが自然と感じられる、気がする。頭の中で考えることには無理があるのか。ある彫刻家に「制作は祈りだ!」と、昨年聞いた言葉を思い出している。が、この祈りは、自分の困った時の神頼みの祈りかたとは違うのだ。きっと。そんな事を考えながら糸巻きをしている。どうぞこの手がきれいなきものを作ってくれますように。祈・・・・・

topに戻る

表紙に戻る


1月14日
寒日が続く。北海道の動物園が気になる。1週間は滞在したい動物園。併設の施設があるとよいが、しかし、ちょっと暖かくなってからに、なんて思っていると、また、すぐに何年も過ぎてしまって、ということになる、だろう。そういえば、しばらく前に、大宮公園の動物園の熊を見に行きたいと、も、思った。,,,,まだ、動物園がある....という、懐かしさの驚きと、木登りをして降りられなくなった熊、この熊が保護されてこの動物園にいるという。

お正月、着物姿の人を多く見かけた。やっぱりいい。自分は足痛で草履が履けず、きものを着ず。

topに戻る

表紙に戻る


1月12日
月日の経つのが年毎に早くなるのはなぜか、また一つわかった。自分の周りの出来事、普段の生活も含めて、処理能力が衰えることで、あるのではないか。まだ正月だと気持ちがゆるんでいるうちに半月が過ぎる。
デザイン力のなさにほとほとガッカリしていたが、あるデザイナーのブログで.......ものすべてにデザインが大事.......という。勉強したかったなと思う。どうしたらデザイン力が養えるか、教えてください。

topに戻る

表紙に戻る


1月2日

.....謹賀新年.....
何とか無事に新年を迎えることが出来た。今年も昨年と余り変わらずに機織りが出来そう。海辺にて「水辺にて」を読みながらつくづくと思ったことは、チューニングが必要だということ。
普段から心掛けているほうと思うが、加齢とともに充分に整えないとならないようだ。これは本の感想ではなく加齢の問題として。

topに戻る

表紙に戻る