・・・グァテマラのコバン村のウイピール・・・

アルタ・ベラパス州
....3枚の独立した布をつなぎ合わせて、真ん中に首を出す穴を開け脇は縫い合わせることなくそのまま使用。
....細い白木綿の糸をガーゼのように隙間をあけてふんわりと織り、文様に少し太めの白糸を織り込んでいる。
<この地方の伝説>
....「神様が人間に織物を教えたとき、人間は物覚えが悪く、蜘蛛が巣を作るのを見て初めて、織り方を覚えた」







となりの村チクタクでたくさんの白いウイピールを見た。
着ている人沢山見かけた。

この宿で「私の名はリゴベルタ・メンチュウ」を読む。
眠れぬ夜が開け別世界の朝。










ブラウザの戻るボタンでお戻りください。