.....葛の葉の緑染め.....

2000年6月


まめ科・クズ属

葉を使用

渡良瀬セーリングクラブ・クラブハウス前にて採取
葛湯にする葛粉は根っこの部分のでん粉。



アルカリ水で煮出して染液を取る

黄色の1番液ではなく、緑味の2番液から使用する。



染める時には液を酸性にしてから染めるものを入れる。

絹糸を染める。染まり具合は薄かったが透明感のある薄緑色が染まった。
縦糸をこの透明感を絣で残し、緯糸にもこの色を使用し、縦緯重なったところは色が抜けるように・・・と想いは膨らんで行く。



.......


秋の七草の一つ。漢方薬の「葛根(かっこん)」で、風邪の初期に飲むと利く。

葛布(くずふ)」(静岡掛川市の名産品)は、葛の茎の繊維で織った布

吉野川上流の国栖(くず)で上品の渇根が取れたことから命名された説有り

表紙に戻る