バルメル


..型染めの工房..





西インドのRajastan州、ジャイサルメール。
タール砂漠の中、パキスタン国境近く。
インダス川が近いんだ、と思うと本当に遠くに来たんだなと思った。

かなり疲れていた。このころお腹の中では異変が起きていた。

しかし、ここの工房を訪ねた時は心臓がドキドキするくらい嬉しかった。観光客が立ち寄るところらしく、染めるところを繰り返し見せてくれた。フォト!フォト!と言ってポーズをとってくれた。皆、いい顔をしている。




ちょっと年配の人は淡々と“糊”を落とす作業をしている。




チャイを入れてくれた紳士。美味しかった。

屋根がないような小屋の隅だが、雰囲気のある所だった。




版の模様がおもしろかった。工房の壁際、上のほう、下のほう、版がとにかくたくさん積んであった。木材はチークかと思うが、使いこまれてほとんど黒色になっていた。

布が黄色なのは下染めされている。




外の水場の作業は石の台に乗って行なっていた。他の染色工房でも石の台を使ってた。

インドは石の豊富なところだったのか、な。




赤を染めていた釜。太陽の日差しは暑い。釜場は熱い。無駄な脂肪、水分は蓄えていない体の男性が作業をしていた。赤色は何から? 山の向こうから取ってきた花だ。と言う事だが、化学染料をかなり入れていた。




Copyright © 2000 Frannel All Rights Reserved.