..................

マヤ遺跡・ティカルへ


行きは飛行機でジャングルの上空を飛んだ。かなり怖かった。ここで飛行機が落ちたら見つからないだろう、と。結構低い高度で飛んでいた。ブロッコリーの塊にも見えたが。


ペテン・イツァ湖上に浮かぶ小さな島フローレス


ここはマヤの末裔も多かったが、黒人も多かった。生活用品の市場。


ものすごい神殿を作ったものである。天文学的にも凄いらしい。
マヤ文明とは


まだまだ埋もれている神殿があった。これも登った。まだ手付かずの一角で野生の猿が樹上を渡っていた。風が無く空気が張り詰めていた・・そんな記憶がある。ひんやりと冷たい空気だった。


湖畔でバスの時間待ち。
流れ星ではなく人工衛星が良く見えた。

帰りはローカルバスでマヤの末裔の人びと、豚、鶏、皆一緒に。夜中がたがたの砂利道を走ってガテマラシティに到着。一番疲れた。しかし、遺跡のすぐ脇のキャンプ場で1泊したので存分に浸ることが出来た。ハンモックの寝心地は・・今ひとつだったように記憶している。日本人は居なかった。今思うと不思議なくらい日本人の旅人に出会わなかった。


.................ブラウザの戻るボタンでお戻りください.................