.....“夜叉附子(やしゃぶし)”を見つけました.....

2000年3月

.

とあるところで偶然に”夜叉附子”の林を発見。

お店の方に問うと自生しているという事だった。少し拾ってもよろしいかたずねると、染織をしている人が大きな袋にたくさん取っていくという。では、と安心して小さな袋にいっぱい採取してきた。

古くから染材として利用されてきた植物。海岸近くの山を好んで生えているという。
訪ねたお店の方も生育が早いと話してくれた。

昔から黒を染めるのに使われていた。そのために”夜叉”と名がついている。”矢車附子”とも書く。

今の藍の着物を織り終えたら染色しようと思う。写真左の2倍ほどの量。縦糸を染めようと思っているが...

...............

.....いい時間の風景.....


表紙に戻る