.....真夏の桜.....

2000年8月


ばら科 サクラ属 ソメイヨシノ  

大島ざくらと江戸彼岸との交配種

8月の暑い日、近所の家の染井吉野の枝を頂戴する。



直径7cmくらいの太いもの。

近所のお兄さん、兄夫婦、母の協力を得て、枝、葉と分ける。

夕立の来る前に終えることが出来た。感謝。



真夏の葉は、かなり大きかった。毛虫のいないことにホッとすると同時に不思議な感じを持つ。
現われた虫はカマキリ2匹。



樹皮をカッターで剥いてゆく。

現われる肌は、きれいな緑色。しっとりしている。



樹皮は保存しておける。横にくるりと剥ける皮。

民芸品に桜の皮をつかった物があるが、本当にそのとおりの皮が剥がれる。



「葉」を薄いアルカリ水で煮出す。

赤みの強い染液。酸性に戻して染める。

黄色が染まる。




表紙に戻る