… イシミカワ…

2015年10月

学名:Polygonum perfoliatum

タデ科

その昔は骨接ぎなどに薬草として使われたという

ほんの少し色が見える

一晩 絹地のストールを付け置き

乾いてくるとほのかに色が見えてきた

よく乾き木漏れ日の中で

刈り取った跡 種はかなり落ちていると思われる 

80センチほど根は残してあるが

種で染めたらまた違う色味かと思える

来年はここにイシミカワを這わせてみたい 多分涼しげな風景となる

今年は 名を忘れた薯の蔓を這わせ花を咲かせた 

今は下から野紺菊が頭を出している

………………

参考書 山崎青樹著 草木染 染料植物図鑑








表紙に戻る