…..さくらんぼの木…..

2014年7月


この桜の木が ばら科 か うるし科 不明だが

小さなサクランボのなる木

小さな苗を移植して 数年経つが 実がなることは無かった

あと1年  今年こそは と 花が咲くのを待ったが 毎年

虫の退治に 手を焼き 諦めた

幹は 虫が付かなかったので 幸いだった


小さな鍋に 程よい量

ゴツイ皮の下には 見事な 緑色の 薄皮がある

葉の色と 同じ



ざっと洗って鍋に入れ  火にかける


お湯で 外皮を 軟らかくして はがしてゆく

 

外皮をきれいに落とし 新しく煮立てて 染液をとる と


澄んだ色が現れる

染液は 繰り返し 煮出し 煮詰める


糸は 中干し中


かなり濃い 染料





媒染は 灰汁 


色素を 出し切り 

カラカラになった 幹

染め上がった 糸 

左から 玉糸60中21中2本双 いろどり27中8本片 碓氷製糸21中6本片

左から 玉糸60中21中2本双 3匁真綿生糸60中追撚り いろどり27中6本片

下の右「 いろどり27中6本片 」 は 最後の最後の色 サクランボの実の色のよう

余すこと無く 色を 頂戴いたしました

参考書 山崎青樹著 草木染 染料植物図鑑







表紙に戻る