.....桑の若葉染め.....


桑の実

2010年5月


くわ科/クワ属
学名/Morus bombycis 英属名/Mulberry
別名/山桑(やまぐわ) 縞桑(しまぐわ)
生薬名/桑白皮(そうはくひ) 桑葉(そうよう) 桑椹(そうたい)



山地に自生するが、養蚕用に広く栽培されている落葉高木
温帯から亜熱帯にかけて広く分布している。


奈良時代に中国からはいり日本全土で栽培されている。


黒く熟した実は食べられる



アルカリ水で煮出した染液(2番液)
澄んでいる


無媒染の色(絹のストール)



グアテマラの綿の織り布(染液の中で)


銅媒染の薄緑色(絹の帯上げ)

....................

『魏志倭人伝』に「禾稲(かとう)・紵麻(ちょま)を植え、蚕桑緝績(てんそうしゅうせき)し細紵(さいちょ)・縑緜(けんめん)を出す」とあり、3世紀の日本で桑を植えて養蚕をしていたことが記されている

....................

『令義解』の衣服令の服色条には、桑(クハソメ)は庶民の服色であった。

....................

古代のクワは、どの部分を用いたかはっきりしていない。
江戸時代の『万染物張物相伝』ではクワの根を用いている。
『当世染物鑑』『万宝鄙(ヒ)事記』『日本居家秘用』などクワの木を使用

....................

『広川薬用植物大事典』には
桑白皮(そうはくひ) クワ属の根皮 消炎性利尿 緩下剤
桑葉(そうよう) 葉  中国で駆虫剤 日本でお茶
桑椹(そうたい) 果実  利尿 鎮咳 強壮薬 

山崎青樹著 草木染 染料植物図鑑より

表紙に戻る