.....綿(わた)の木.....

2006年1月

(採取場所、板倉町の平石氏邸宅)


綿(わた)アオイ科
昨年末に平石さんに頂いた綿の木。そのまま飾っておいたが、そうだ!染めてみよう。と突然気が付いた。

きれいに弾けたコットンボール、弾ききれなかったもの。それぞれの表情を楽しんだ。
これはプロレスラーのマスクのよう。
綿の手触りはなんともやさしい。口に入れたら解けてしまいそうな・・・

からからに乾燥して芯の部分は真っ白に。しかし、樹皮はしっかりとしている。

コットンボールを取り外して鍋に入れ煮出す。茶色の染液が取れる。綿を守っていた黒い皮、これから染液が出るかと思い、分けて煮出してみたがほとんど枝葉と同じだったようだ。

煮出し中、葉も煮崩れることなく3回ほど染液がとれた。
「ほとんどの植物は色が出るんですよ、すごいですよね。」と人には話していたが、この綿の木を染めてみようと思ったのは初めてだった。

かなりしっかりと色を頂戴した。この染液でこのコットンボール、綿を染めたら・・・と思うほど茶綿の色のような茶色の染液が取れた。

中細ほどの絹糸を染める。編み物、あるいは帯が織れそうなしっかりとした糸。
左が銅媒染、右が鉄媒染の色


............

表紙に戻る