.....紅茶.....

2004年12月

ちょっとはるか昔のインド産



大事に仕舞っておいて忘れられていた紅茶
また、出かけたいと考えながらこれまた時間が経ちすぎている。


煮出し、香りをかぎながら不思議とチャイを飲んだ場所、結構覚えている。
お腹を壊した事も・・
バケツ1杯のお湯で入浴も・・
ジプシーに出会った驚きも・・


ドイツのテープ状のニット糸を染める。
アクリル70%、ウール30%さらさらと軽い糸で染めやすい。
袋物の紐にと思ったがちょっと柔らかすぎ。


透明の染液はとても気持ちが良い。
熱過ぎず、長過ぎず、無理をしない染色が楽しい。
糸の気持ちを聞いたわけではないが思い込みで。

......紅茶......

紅茶は、ツバキ科の茶樹の葉。
摘み取った葉をすぐ加熱処理する不醗酵茶は緑茶
摘み取り、水分を蒸発させ、揉んで圧縮しながら、浸出した水分やタンニンで酸化醗酵させたものが紅茶。醗酵茶の代表。
インド、スリランカ、ケニア、中国、ソ連、など世界各地で生産されている。日本へ紅茶がもたらされたのは幕末
<吉岡幸雄著・自然の色を染める・参考>

表紙に戻る